内容証明郵便Q&A

1.内容証明郵便とは?

内容証明郵便とは、いつ(確定日付)誰が誰に、どのような内容の手紙を送ったかを郵便局が証明する郵便物です。とはいえ、ただの手紙です。内容証明郵便そのものに特別な法的効果があるわけではありません。後から文面を証明することができるので、裁判になった際に証拠として有力なツールの一つである、ということです。

もちろん、通知をすることで法的効果が発生することがありますが、これは内容証明郵便だから発生するものではありません(例:債務不履行の解除通知等)。

2.どのような場合に出すもの?

後で、送った、送ってないと水掛け論にならないように、確実に送ったことを証明しておきたい場合に利用します。


・クーリングオフの通知
クーリングオフ期間内に発送したことを証明できるので、クーリングオフの相手方が、「通知を受け取っていない」という反論を封じることが出来ます。

3.誰でも内容証明郵便を送ることはできますか?

誰でも送ることはできます。ただし、うかつに出すと、相手の証拠にもなりますので、かえって不利になることがあります。内容証明郵便を受け取ったときなど、返信に内容証明郵便をご自分で出す前に、一度専門家に確認することをお勧めいたします。

4.専門家に依頼するメリットは?


100万円を貸したが返してもらえない。いくら催促しても、「もうちょっと待って」と繰り返すばかりである。

この事例において、貸し主が内容証明郵便を送る場合と、代理人司法書士名義で、「法的手段に応じる用意がある」という文言の上、物々しい職印を押印の上、内容証明郵便を送るのでは、どちらが返してくれそうだと思いますか?

ただの手紙ですが、専門家が出すことによって、心理的圧迫を掛け、精神的優位を得ることができるかもしれない、という効果があります。

なお、当事務所では、
行政書士業務としての内容証明郵便作成は21,000円、認定司法書士による簡裁代理権に基づく代理人名義での内容証明郵便作成は、31,500円で承ります。