公正証書遺言を作成する場合の流れ〜クリアー行政司法書士事務所にご依頼いただいた場合〜

公正証書とは,公証人という公務員が作成する文書です。

したがって,公正証書遺言は,司法書士や行政書士が作成するわけではありません。
公正証書遺言を,はじめからご自身で公証人に直接依頼いただくことは当然可能ですが,当事務所へご依頼いただき公証役場への手続を代行する場合の流れをご案内いたします。


1.当事務所で面談
まず一度お会いして,本人確認を行います。
また,どのような遺言書を作成したいのかについて,お話を聞かせていただきます。

高齢の方は,遺言能力の有無を面談にて確認させていただいています。

必要に応じて司法書士による出張を行い面談することもあります。

2.ご依頼
当事務所で公証役場への手続をご依頼いただきました場合,次の業務を行います。

(1)遺言書の文案作成
どのような趣旨で遺言書を作成したいのか,それを聞かせていただいた後,それを遺言書の体裁に合わせて文案を作成します。

文案は,用語の使い方一つで無効になったり,後日の手続で費用が倍以上掛かってしまう可能性もあります。そのようなことにならないような文案を作成します。


(2)公正証書遺言の作成に必要な書類の収集(※一部除く)
公正証書遺言を作成する場合,公証人から一定の書類の提出を求められます。
主に遺言書の内容を確認するための資料です。
具体的には,登記事項証明書(登記簿謄本)や評価証明書,戸籍関係の証明書が必要になります。
これらの証明書を,当事務所が取得を代行します。

※遺言書の作成に必要な印鑑証明書や,遺言書に預貯金について載せる為の資料として提出する通帳の写しは,ご用意いただきます。


(3)公証人への直接の依頼
文案を作成し,公証役場へ資料と文案を提出します。
その内容を公証人と一緒に確認します。
その時点で最終的に公正証書の下書きを当事務所にFAXいただきますので,その文案をご依頼者に送付して,内容の最終確認を行います。

3.公正証書遺言の作成
公証人と日時調整をした上で,ご依頼者と証人二人(詳細は下記参照)が公証役場へ出向きます(※)。
公証役場内で,証人二人の前で公証人に遺言書の趣旨を説明し,すでに作成されている公正証書を公証人が読み上げます。
その内容に間違いがないことを確認し,ご依頼者と証人二人が公正証書に署名押印して完成です。

【証人】
公正証書遺言の作成時において,二人の証人による立会いが必要です。
なお,証人は未成年者の他,遺言書を作成するご依頼者と一定の親族関係にある者は証人になることはできません。

事実上,赤の他人や友人知人でなければ証人になれません。
しかし,遺言書の内容を漏らされると困るという点を考慮し,九割以上の割合で,法律上の守秘義務がある司法書士やその事務員に対し,証人の立会いを依頼いただいております。

※必要であれば,公証人に出張していただくことも可能です。

 

遺言書表紙.JPG

完成した公正証書遺言です。

苫小牧公証役場ではこのように表紙をつけていただいています。

 

公正証書中身.JPG

中身のイメージです。これは遺言書最終ページに記載される公証人による認証文です。

苫小牧公証役場の公証人,垂石善次先生による認証がされています。

※個人情報保護の為,一部モザイクを掛けています。


4.遺言執行者
遺言書の内容を実現する為に,遺言執行者と呼ばれる人を選任することができます。
一般的に,遺言書の本文に誰を遺言執行者として選任するかを記載しておきます。

多くの方は,相続人の一人や,実際に財産を受け取る者本人を指定することが多いでしょう。
しかし,身よりのない者や専門的な内容を含む遺言書の実現については,司法書士に依頼する方もいます。
当事務所に遺言執行者の選任をご依頼いただいた場合,できあがった遺言書を金庫で保管し,一定期間毎に安否確認を行っています。

 

金庫.jpg

質量350キログラムの耐火金庫で保管しています。

※セキュリティのため一部モザイクを掛けています。

 

 

 

 

白老町,苫小牧市,登別市,室蘭市の遺言手続に関するご相談,問い合わせは,クリアー行政司法書士事務所へどうぞ。

お問い合わせは,
電話 0120−979−716
メール iiyama@mbe.nifty.com

または,お問い合わせフォームまでお願いします。

電話またはメールにて,「事務所のホームページを見ました」とお伝えいただけましたら,相談料1時間5,250円が無料になります。

※相談は,面談でのみ行っております。
電話またはメールにて,来所の予約をお願いいたします。