離婚をする前に〜幸せなマルイチに向けて〜

どんないきさつがあろうと、一度は縁があって、結ばれた夫婦です。そんな二人が別れるということは、残念なことです。

しかし、離婚を否定することも、推奨することもありません。

離婚する、と決まった場合には、法律を使って対処する余地がありますが、離婚するかしないかは、法律ではなく、人間の感情によって決まるからです。

離婚する、しないを決めるときは、必ず、目的をもって決断して欲しい、そう願います。

そして、このような考え方が許されるのであれば、「お互いが幸せに、楽しく、笑顔でいられるためにはどうしたらいいのか」という考え方を選択して頂けたら嬉しく思います。

仮に、離婚をするとしても、ただ目の前の苦痛から逃れるのではなく、この離婚するに至った原因をしっかりと見つめてください。

離婚するに至った場合、かならず原因があります。そして、私自身が多くの法律相談を受ける中で感じたことが、この原因をきちんと見ていないケースが多いのです。

人生において、必ず課題というものが降りかかってきます。もちろん、離婚もこの一つです。

この課題をクリアすることで、人生の中で次のステップに進んでいくことができます。

しかし、この課題をクリアしないと、人生において、形をかえてまた同じ課題が降りかかってきます。

だから、必ずこの課題を正面から捉え、クリアすることを真剣に考えて下さい。

でないと、離婚をして、また新しい人と出会っても、必ず同じことを繰り返します。

それだけではなく、もっと問題を悪化させるおそれすらあります。


当事務所を訪れる方の中で、多くの割合で、離婚が絡んでいます。

離婚すること、そのものがいいことでも悪いことでもない、そう思っています。離婚をすることで、もっと素敵な相手と巡り会う、そんな話もよく聞きます。

しかし、当事務所に訪れる方の多くが、離婚を機に降りかかった課題をクリア出来なかったがために、別の法律問題を引き起こしてしまっています。


離婚をするにしろ、しないにしろ、お互いが今よりも、もっともっと幸せに、笑っていられる、そんな人生になるために、真剣に課題に向き合って欲しいです。

離婚することを「バツイチ」などと表現することがあります。

しかし、離婚することできちんと課題をクリアし、幸せになることができれば、それは「バツイチ」ではなく「マルイチ」ではないでしょうか。

離婚するのであれば、一人でも多くの人が幸せなマルイチになるよう、願っております。