遺言能力

遺言はだれでもできるわけではありません。遺言能力(自分のする遺言の内容及びその結果生ずる効果を理解して判断するのに必要な能力)を満たしていない遺言は無効になります。そもそも、遺言は死者の最終意思を実現するためのものですので、遺言書を代理してもらうことも、誰かの同意を必要とすることもできません。

・年齢制限
 15歳未満の場合の遺言は無効です。

・成年被後見人
 痴呆症など、精神上の障害をもっており、後見開始の審判(これを受けた人を成年被後見人といいます)というものを受けている人は、一般的に遺言能力がない、とされています。ただし、意識がはっきりしているときで、医師二人以上の立ち会いの下作成された遺言であれば、有効となります。

・その他
 病気などで、一時的に意識がはっきりしない状態でかかれた遺言は、遺言能力の有無に つき、争いのもとになります。

 遺言の有効無効の争いが一番多い点に、この遺言能力があります。病気、痴呆など様々な原因がありますが、確実なのは、今この小冊子をご覧頂いている、元気な状態で遺言をきちんと書いておくことです。これが一番の争いの回避方法だと言えます。