会社設立1〜創業支援〜

いざ、起業。その前に 〜起業を決断する前の、最終チェック〜

平成15年2月、中小企業挑戦支援法が施行され確認会社(いわゆる1円会社)の設立が出来るようになりました。
それまでは、株式会社では最低1000万円、有限会社でも最低300万円の資本金が必要だったのですが、現在は、5年間の猶予という形で、最低資本金制度の特例として、資本金1円から会社設立が出来るようになりました。

これをきっかけに、世間でも、独立とか起業がブームであるかのような雰囲気ができました。しかし、起業というものは、流行でするものではありません。

司法書士として、ここまで介入すべきかどうかは、実に悩ましいところですが、無責任に起業を煽る風潮の中、起業に対してどこまで真剣かどうか、簡単ですがテストを作ってみました。

ぜひ、挑戦して見て下さい。

起業家の資質テスト

制限時間は、ありません。。
下記の質問に対して、自分なりに答えを必ず紙に書いて下さい。

1.あなたの起業の動機は、今この瞬間に口に出して言えますか?それはなんですか?

2.あなたの予定している商品やサービスは、人々の重要な需要を満たしていますか?どの点がどの様に人々の満足を与えると思いますか?

3.あなたの商品やサービスは、自分自身の価値観と一致してますか?自分自身が好きではないものを商品やサービスにしていたりしませんか?

4.あなたは、起業後、最悪の事態を受け入れる覚悟がありますか?覚悟を決めるに至ったきっかけはなんですか?

5.あなたは、起業家として様々な困難に立ち向かうことができますか?予想される困難はなんですか?

6.あなたの起業を応援してくれる人が、少なくとも20人以上いますか?20人以上の名前をすべて書いて下さい。

7.あなたは、起業家として成功することを確信していますか?その確信に根拠はありますか?

8.あなたは、起業家として成功するための、代償を支払う覚悟がありますか?あなたの支払う代償とはいったいなんですか?

9.あなたは、起業家としての1年後、3年後、5年後、10年後の姿がイメージ出来ますか?そのイメージをそれぞれ具体的に書いて下さい。

10.あなたの人生の方向付けとなる、自分自身の価値観はなんですか?

このテストは、いかに自分に対して正直に回答するかがポイントです。

どれだけ書けたでしょうか?
一つ一つが非常に難しい問題です。とくに、9番目や10番目を、すらすら書ける人は、100人に1人いるかどうかだと思います。
これらの問題すべてをきちんと回答できる人は、すでに起業して成功していると思いますので、回答できないから、と落ち込むのではなく、どの問題が、なんで回答できないのかを考えてみて下さい。

※このテストは、起業の成功を保証するものではありません。

なお、テストの目的は、「無謀な起業」を思い留まらせるのであって、「起業そのもの」を思い留まらせるつもりはございません。起業に対する熱意や情熱、信念があっても、空回りしてしまい、うまく答えがでないことが考えられます。


初めの一歩のお手伝い 〜起業家から社長への架け橋として〜

たくさんの夢と希望をもって、起業への道を踏み出した、起業家の皆様。その決断を、心から祝福致します。

自分の人生に対して本気で考え、その中で、「起業」の道を選びましたあなたを、当事務所は、専門家として全力でバックアップ致します。